17.10 - その他の注意 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11
  • 1つのUpdateオペレータ ジョブでは、1つのインポート タスクについて最大で5つのデータベース テーブルをロードできます。 1つのDELETE(削除)タスクでサポートされるテーブルは1つです。
  • デフォルトでは、SETテーブルに対する重複行はデータベースによって破棄されません。 重複行は適用フェーズのエラー テーブルに挿入されます。 適用フェーズのエラー テーブルに重複行を挿入しない場合は、DMLオプションの"IGNORE DUPLICATE ROWS"を使用して、デフォルトをオーバーライドします。
  • MULTISETテーブルに対する重複行はデータベースによっては破棄されず、ターゲット テーブルに挿入されます。 DMLオプションの"MARK DUPLICATE ROWS"と"IGNORE DUPLICATE ROWS"では、この動作をオーバーライドできません。 重複行は、MULTISETテーブルに対して許可されます。
  • サポートされるステートメントは、Teradata SQLのINSERT、UPDATE、DELETE、およびUPSERTだけです。他のTeradata SQL文はサポートされません。
  • データは、空またはデータが登録されているデータベース テーブルにロードできます。.
  • DELETE(削除)タスクはビューに対しては使用できません。
  • ターゲット テーブルは、適用フェーズが完了するまでロックされます。
  • 適用フェーズのエラー テーブルには、エラー情報に続いてターゲット テーブルのミラー イメージが記録されるため、ターゲット テーブルにはエラー テーブルの列名と同じ列名を指定できません。アプリケーション エラー テーブルの詳細については、ErrorTableを参照してください。
  • IMPORT(インポート)タスク用のジョブは一時停止できます。 DELETE(削除)タスク用のジョブは一時停止できません。
  • ターゲット テーブルは、適用フェーズが完了するまでロールバックできません。
  • ジョブが従来のMultiLoadプロトコルを使用する場合、Updateオペレータには、1つのデータベース ロード スロットが必要です。 ジョブが拡張MultiLoadプロトコルを使用し、構成可能なデータベース制御フィールドMLOADXUtilityLimitsがFALSEに設定されている場合、Updateオペレータには、1つのデータベース ロード スロットが必要です。 ジョブが拡張MultiLoadプロトコルを使用し、MLOADXUtilityLimitsがTRUEに設定されている場合、Updateオペレータには、1つのデータベース拡張MultiLoadプロトコル スロットが必要です。