17.10 - 概要 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11
Teradata PT 17.00以降:
  • Teradata PT(スクリプトベースおよびEasy Loader)は、以下のオペレーティング システムでは64ビットのみです。
    • IBM AIX
    • Linux
    • macOS
    • Solaris
    • Windows
  • Teradata PTは、z/OSオペレーティング システムでは32ビットのみです。

以下のトピックでは、Teradata PTコマンド ライン ユーティリティ コマンドについて説明します。

コマンド 機能
tbuild Teradata PTジョブを定義して実行する。
tdload ジョブ スクリプトを必要とせずに区切りデータのファイルからデータベース テーブルにデータをロードする。
tdlog 実行中のTeradata PTジョブにより生成されたログを抽出する。
tlogview Teradata PTジョブの実行によって生成されたログ ファイルの内容を表示する。
twbcmd アクティブなTeradata PTジョブの変更とジョブ ステータスの検索を可能にする。
twbertbl エラー情報を取得フェーズ エラー テーブルから抽出します。
twbkill アプリケーション内のすべてのTeradata PTタスクを終了する。
twbrmcp 指定されたユーザーIDまたはジョブ名のチェックポイント ファイルをすべて削除する。
twbstat Teradata PTアプリケーション ステータスを表示する。
z/OSでは、Teradata PTは、USS(UNIXシステム サービス)環境での上記のTeradata PTコマンド ライン ユーティリティ コマンドの呼び出しをサポートしていません。