17.10 - 通知出口ルーチンのコンパイルおよびリンク - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

特定のシステムのニーズに合わせるために、独自の通知出口ルーチンを作成、またはTeradata PTソフトウェア付属の通知出口ルーチンの例を変更できます。

出口ルーチンを作成または変更する場合、ルーチンをコンパイルしてTeradata PTが使用する共有オブジェクトにリンクする必要があります。