17.10 - データベース テーブルからLOBデータを抽出し、外部のターゲットにLOBデータを書き込む - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11
データベース テーブルからLOBデータを抽出し、外部のターゲットにLOBデータを書き込むには、Teradata PTスクリプトで次のオペレータを使用する必要があります。
  • SQL Selectorオペレータ (ソース テーブルからLOBデータを抽出するため)
  • DataConnectorオペレータ (外部ターゲットに書き込むため)

そのデータ内容によってLOB列をBLOB (lengthBytes) AS DEFERRED BY NAMEまたはCLOB (lengthBytes) AS DEFERRED BY NAMEとしてスキーマで定義する必要があります。

このジョブは、次の結果を生成します。
  • LobDirectoryPath属性で指定されているディレクトリ、またはLobDirectoryPath属性に値が指定されていない場合は現在の作業ディレクトリに置かれるLOBデータ ファイル。ファイル名の形式については、遅延メソッドの使用を参照してください。
  • FileName属性で名前が指定されている外部データ ファイル。 ファイルに書き込まれるデータ レコードには、LOB以外のデータと、LOBデータを含むファイルを識別するLOBファイル ロケーターが含まれます。 LOBファイル ロケーターの形式はVARCHAR列と同じであり、SQL Selectorオペレータが作成するLOBデータ ファイルのファイル名が含まれます。

<install-directory>/sample/userguideディレクトリにあるTeradata PTスクリプトのサンプルについては、PST00021.txtファイルを参照してください。