17.10 - 構文 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11


構文規則:

構文要素 説明
jobId ジョブID。

複数のジョブを同時に実行する場合は、チェックポイント ファイルの名前が重複して生成されないように、一意なジョブ名を使用して各ジョブを修飾します。 詳細については、<Teradata Parallel Transporterユーザー ガイド、B035-2445>の「チェックポイント オプションの設定」および「最後に記録されたチェックポイントからのジョブの再始動」を参照してください。

- L jobLogDirectory ジョブの実行中に作成されたTeradata PTファイルの位置を指定するオプション。

このオプションは、-LjobLogDirectorytbuildまたはtdloadコマンドで指定されている場合にのみ適用できます。jobLogDirectoryは、Teradata PTファイルが格納されているディレクトリのフルパス名です。

このオプションは、z/OSではサポートされません。