17.10 - データ関連変数 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11
データベース設計およびデータ自体の状態に関連する変数には以下の情報が含まれています。
  • データのクリーンアップ方法
  • 入力ストリームへの任意のシーケンス
  • 更新されるテーブルに定義されているインデックスの程度とタイプ
  • 参照整合性、フォールバック、または永久ジャーナリングの使用
  • トリガーの数と複雑さ
  • 更新ごとにデータベースに渡される列の数
  • UPSERT使用時にINSERTに更新される比率

データ関連変数によって、パック係数の大きさがどの程度になるかが決まることがあり、各行の処理にどの程度の労力がかかるかが影響を受けるため、データ関連変数はパフォーマンスにとって重要です。セカンダリ インデックス、トリガー、または更新されるテーブルで定義されているフォールバックや参照整合性(RI)などの他のオプションが多いほど、データベース内での更新作業は複雑になります。その複雑さが増えることで、作業を実行するために内部的に生成されるデータベース ステップが増加することになります。1つのリクエストに対して生成されるステップの合計サイズには内部的な制限があるため、これらのテーブル オプションのいくつかを使用してテーブルが定義されている場合、ストリーム オペレータはパック係数を小さくする必要がある場合があります。

データベースに渡される列の数は、パック係数にも影響します。Streamオペレータは、複数のSQL文が1つの最適化および回復単位にまとめられたTeradataの複文リクエスト規則を使用します。これは、USING句と組み合わせた場合に最も効率的な方法であり、データが1つパーセル内のデータベースと2番目のパーセル内のSQLに入るようにします。USING句をそのままStream オペレータで使用すると、クエリープランがキャッシュされ、解析アクティビティをバイパスしてスループットを向上させることができます。UPSERT処理が必要な場合、INSERTに対するUPDATEの比率はStream オペレータのパフォーマンスに影響します。INSERTの割合が高いほど、スループットは低くなります。これは、UPDATEがデータベースを入力して行を検索しようとして失敗し、Stream オペレータが代わりにINSERTを実行することを知っているためです。