17.10 - 構文の変更 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

次に示す構文変更はTeradata PTに影響があります。次のテーブルを利用して、Teradata WB 4.1以降に追加、削除、変更された構文について理解してください。非推奨の構文は、下位互換性を確保するためにコード内でもサポートされています。ただし、特定のリリースの後はドキュメントに記載されません。

構文 ステートメントの型 このリリース時点でのステータス
( ) OPERATOR OPERATOR文には不要となりました。ただし、使用した場合はTeradata WB 4.1のときと同じように機能します。

詳細については、対象となるリリースのマニュアルを参照してください。

ALLOW LATENCY CHECK OPERATOR 廃止された構文です。OPERATOR文では使用しないでください。
ALLOW PARALLEL MAX INSTANCES OPERATOR 廃止された構文です。OPERATOR文では使用しないでください。
AmpCheck TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
AppendErrorTable TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
APPLY OPERATOR 新しい必須のキーワード。OPERATOR文における以前のLOAD構文に代わるものです。

詳細については、オブジェクト定義とAPPLY文を参照してください。

ArraySupport TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
ATTRIBUTE | ATTR(attribute definition list) JOB OPERATOR文には不要となりました。ただし、使用した場合はTeradata WB 4.1のときと同じように機能します。

詳細については、対象となるリリースのマニュアルを参照してください。

BlockSize TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
Buffer TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
CONSUMER   使用しないでください。<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド, B035-2445>の「型の定義」を参照してください。
Column Definition List OPERATOR

TABLE

TABLE SET

廃止された構文です。OPERATOR文、TABLE文、TABLE SET文では使用しないでください。
DEFINE DBMS OPERATOR 廃止された構文です。使用しないでください。
DEFINE FILE 'pathName' JOB 廃止された構文です。JOB文では使用しないでください。
DEFINE LIBRARY PATH 'pathName' JOB 廃止された構文です。JOB文では使用しないでください。
DEFINE LOGGER LOGGER 廃止された構文です。使用しないでください。 代わりに、tlogviewを使用してください。
DEFINE LOG VIEW LOG VIEW 廃止された構文です。使用しないでください。 代わりに、tlogviewを使用してください。
DEFINE SCHEMA schema name

'DBS table name'

SCHEMA 廃止された構文です。使用しないでください。
DEFINE SCHEMA schema nameDELIMITED ' DBS table name' SCHEMA 廃止された構文です。使用しないでください。
DEFINE SYSTEM PATH 'path name' JOB 廃止された構文です。JOB文では使用しないでください。
DeleteTask TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
DISALLOW LATENCY CHECK OPERATOR 廃止された構文です。OPERATOR文では使用しないでください。
DropErrorTable TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
DropLogTable TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
DropWorkTable TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
ErrorTable TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
ErrorTable1 TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
ErrorTable2 TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
ExportPrivateLogName TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
EXTERNAL NAME 'operatorFileName' OPERATOR 事前定義のオペレータ(TYPE LOAD、TYPE EXPORT、TYPE STREAMなど)を使用する場合は不要となりました。

必要となるのは、TYPE CONSUMER、TYPE PRODUCER、TYPE FILTER、およびTYPE STANDALONEの各構文を使用する場合のみです。

FILE 'fileName' TABLE

TABLE SET

廃止された構文です。TABLE文、TABLE SET文では使用しないでください。
FILTER   使用しないでください。<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド, B035-2445>の「型の定義」を参照してください。
GENERIC DBMS 廃止された構文です。DBMS文では使用しないでください。
IgnoreMaxDecimalDigits TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
INPUT/OUTPUT SCHEMA OPERATOR フィルタ型オペレータにINPUT SCHEMAとOUTPUT SCHEMAの両方が含まれる場合を除き、コンパイラはこの構文の"INPUT"および"OUTPUT"の部分を無視します。 この場合は、“INPUT"および“OUTPUT"を“SCHEMA"よりも前に使用して、2つのスキーマを区別します。
INSERT OPERATOR 'operatorName' DBMS

TABLE SET

廃止された構文です。DBMS文、TABLE SET文では使用しないでください。

既存のスクリプトに存在する場合、コンパイラはこの構文をAPPLY OPERATOR ‘operatorName’構文として処理します。

代わりに、APPLY OPERATOR ‘operatorName’を使用してください。 詳細は、オブジェクト定義とAPPLY文を参照してください。

INTERFACE PXOPER VERSION ' versionIdentifier' OPERATOR 廃止された構文です。OPERATOR文では使用しないでください。
LANGUAGE C | C++ OPERATOR 廃止された構文です。OPERATOR文では使用しないでください。
LIBRARY PATH 'pathName' OPERATOR 廃止された構文です。OPERATOR文では使用しないでください。
LOAD JOB 廃止された構文です。JOB文では使用しないでください。 現在このキーワードを使用すると、コンパイラ エラーになります。

代わりに、APPLY文を使用してください。 詳細は、オブジェクト定義とAPPLY文を参照してください。

LogTable TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
LONGVARCHAR   最大64,000バイトの固定長文字列データ型を指定するキーワード。

Teradata PTはダブルバイト文字を認識し、Vantageは認識しないため、Teradata PTにこのキーワードを使用すると、指定された入力文字長の行サイズ制限と出力内容の間に矛盾が生じます。

この矛盾のため、このキーワードの使用は避け、その代わりにVARCHAR(64000)またはVARCHAR(32000)を使用してください。

LONGVARCHARGRAPHIC   最大32,000バイトの固定長文字列データ型を指定するキーワード。

Teradata PTはダブルバイト文字を認識し、Vantageは認識しないため、Teradata PTにこのキーワードを使用すると、指定された入力文字長の行サイズ制限と出力内容の間に矛盾が生じます。

この矛盾のため、このキーワードの使用は避け、その代わりにVARCHAR(64000)またはVARCHAR(32000)を使用してください。

MacroDatabase TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
MaxDecimalDigits TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
MSGCATALOG 'catalogName' OPERATOR 廃止された構文です。新しい事前定義のオペレータ構文(TYPE LOAD、TYPE EXPORT、TYPE STREAMなど)を指定する場合、OPERATOR文では使用しないでください。

デフォルトのメッセージ カタログ名が変更された場合で、汎用オペレータ型(TYPE CONSUMER)を指定する場合にのみ使用します。

使用した場合はTeradata WB 4.1のときと同じように機能します。詳細については、対象となるリリースのマニュアルを参照してください。

MULITPHASE OPERATOR 廃止された構文です。OPERATOR文では使用しないでください。
N'…' すべての文字列リテラル 廃止された構文です。文字列リテラルの内側に拡張文字を指定する場合、先頭の"N"は使用しないでください。
N"…" すべての文字識別子 廃止された構文です。文字列リテラルの内側に拡張文字を指定する場合、先頭の"N"は使用しないでください。
PATH ‘pathName DBMS

TABLE SET

DBMS文またはTABLE SETには不要となりました。ただし、使用した場合はTeradata WB 4.1のときと同じように機能します。

詳細については、対象となるリリースのマニュアルを参照してください。

OpenMode TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
Pack TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
PackMaximum TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
PauseAcq TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
Periodicity TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
PRODUCER   使用しないでください。<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド, B035-2445>の「型の定義」を参照してください。
QueueErrorTable TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
Rate TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
ReplicationOverride TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
Robust TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
RESTART/NOT RESTARTABLE OPERATOR OPERATOR文には不要となりました。ただし、使用した場合はTeradata WB 4.1のときと同じように機能します。

詳細については、対象となるリリースのマニュアルを参照してください。

RowErrFileName 属性 RecordErrorFilenameは新しい属性の名前です。 このリリースの場合は、両方の属性の名前が言及されています。ただし、今後のリリースのドキュメントでは、RecordErrorFilenameのみが言及されます。
SelectStmt TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
SET CHECKPOINT INTERVAL JOB tbuildコマンドで-zオプションを使用します。<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド, B035-2445>を参照してください。
SET LATENCY INTERVAL JOB tbuildコマンドで-lオプションを使用します。<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド, B035-2445>を参照してください。
STANDALONE   使用しないでください。<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド, B035-2445>の「型の定義」を参照してください。
TenacityHours TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
TenacitySleep TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。
WorkTable TDLOAD LONG_OPTION 廃止。 tdloadは現在のジョブ変数テンプレートに基づく標準構文に従っています。