17.10 - ジョブ レベルのコマンドの構文 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

twbcmdを使用するジョブ レベルのコマンドでは、以下の構文が必須となります。



構文規則:

構文要素 説明
jobId jobIdは、jobNameの直後に“-"とTeradata PTで生成されたシーケンス番号を付加したものです。jobNameには、ターゲット ジョブの名前を指定します。
- L jobLogDirectory ジョブの実行中に作成されたTeradata PTファイルの位置を指定するオプション。

このオプションは、-LjobLogDirectorytbuildまたはtdloadコマンドで指定されている場合にのみ適用できます。jobLogDirectoryは、Teradata PTファイルが格納されているディレクトリのフルパス名です。

このオプションは、z/OSではサポートされません。

JOB CHECKPOINT 即時チェックポイントを記録してから、ジョブを続行する。
JOB PAUSE 即時チェックポイントを記録してから、処理を一時中断する。
JOB RESUME 一時停止したジョブを再開する。
JOB STATUS アクティブなオペレータ インスタンスごとにステータス レコードをTWB_STATUSログに書き込み、ジョブを続行する一方で行処理統計を表示する。
JOB TERMINATE 即時チェックポイントを記録してから、ジョブを終了する。 ジョブはチェックポイント ファイルを維持するため、再始動可能です。
JOB TRACELEVEL ジョブの実行中にジョブ トレースを随時有効にします。

ジョブ トレースを有効にする場合、以下の引数のいずれかが必要となります。

  • ALL
  • BASE
  • EXEC
  • NONE
ALL ジョブの実行中に、BASEジョブ トレースとEXECジョブ トレースの両方を有効にします。
BASE ジョブの実行中に、すべてのジョブ プロセスのジョブ トレースを有効にします。
EXEC ジョブの実行中に、すべてのオペレータ プロセスの実行トレースを有効にします。
NONE ジョブの実行中に、ジョブ トレースを無効にします。