17.10 - ErrorTable2 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

ロード操作によってジョブ実行中のエラーを取得する重複エラー テーブルが作成されます。 ジョブでエラー テーブルのデフォルトの名前を使用するか、名前をLoadオペレータの属性としてユーザー指定できます。

ErrorTable2の名前を指定すると、システムは、そのテーブルをログオン ユーザーのデフォルト データベースに作成します。ただし、これとは別のデータベースを、WorkingDatabase属性で指定できます。

ErrorTable2の名前を指定しないと、ErrorTable2にはTargetTable名に基づいたシステム デフォルトの名前が付けられます。 システムは、ttname_UVの形式を使用してテーブルに名前を付けて、そのテーブルをTargetTableが含まれるデータベースに作成します。ただし、このデータベースは、WorkingDatabase属性で指定できます。 ターゲット テーブルに非固有プライマリ インデックスがある場合、このエラー テーブルは、使用されません。