17.10 - StandaloneオペレータとしてのLoadオペレータ - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-02-11

その他の機能に加えて、LoadオペレータはStandaloneオペレータとして機能でき、SELECT文やINSERT文を伴わないAPPLY文をサポートします。 LOADをStandaloneオペレータとして使用するためには、以下のいずれかの定義を使用します。

TYPE LOAD STANDALONE
TYPE LOAD
STANDALONEキーワードは任意選択です。

次の例では、STANDALONEキーワードは省略されています。

DEFINE JOB LOAD_USER_DATA
(
    DEFINE OPERATOR LOAD_OPERATOR
    TYPE LOAD
    (
      .
      .
      .
   );

      .
      .
      .

    APPLY
    TO OPERATOR (LOAD_OPERATOR[1]);
);
LOADをStandaloneオペレータとして使用して、これ以上データを送信せずにターゲット テーブルのデータを適用します。