17.10 - FastExportユーティリティおよびExportオペレータ - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

次のテーブルに、Teradata FastExportユーティリティの操作機能をリストし、これらの機能がExportオペレータでサポートされるかどうかを示します。

FastExportユーティリティ機能 Teradata PTオペレータのサポート
アクセス モジュール DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
ANSI Date サポートされる
BlockSizeの指定 サポートされる
文字セット DEFINE JOB文の前にUSING CHARACTER SET句を使用する場合、サポートされる
チェックポイント/再始動 サポートされる
構成ファイル tbuildコマンド ラインのジョブ属性オプション(-v)を使用する場合、サポートされる
DECIMALDIGITSオプション サポートされる
DISPLAYコマンド サポートされない
環境変数 サポートされない
IF-ELSE-ENDIFコマンド サポートされない
標識モード DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
INMODルーチン サポートされない
IMPORTコマンド サポートされない
最大/最小セッション数 サポートされる
複数のSQL SELECT文 同じレイアウトの場合サポートする、異なるレイアウトの場合サポートされない
レコード形式 DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
非標識モード DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
通知 サポートされる
OUTFILEオプション DataConnectorオペレータを使用する場合、サポートされる
OUTLIMITの指定 サポートされる
OUTMODルーチン FastExport OUTMOD Adapterオペレータを使用する場合、サポートされる
ROUTE MESSAGESコマンド サポートされない
RUN FILEコマンド Teradata PTスクリプト言語を介してサポートされる
SETコマンド サポートされない
バージョン情報の表示 サポートされる
スプールなし サポートされる
SQL SELECT文 サポートされる
その他のSQL文(CREATE TABLE、DROP TABLEなど) DDLオペレータを使用する場合、サポートされる
SQL DATABASE文 サポートされる
SYSTEMコマンド OS Commandオペレータを使用する場合、サポートされる
Tenacity機能 サポートされる
ユーザー定義変数 スクリプト構文を介し、制限付きでサポートされる