17.10 - エラーの取得 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-02-11

Insert、Update、Delete、またはUpsertリクエストを実行中は、行が見つからないか重複行のためにエラーが発生する可能性があります。 エラーが発生した場合、そのリクエストはロールバックされ、エラーは通常レポートされます。 APPLY文を使用して、このタイプのエラーを処理する方法を指定します。

  • MARKは、エラーが取得および記録されることを意味します。
  • IGNOREは、エラーが記録されないことを意味します。

以下の点を考慮して、エラーをマークするか無視するかを指定します。

  • DUPLICATE INSERT ROWSは、重複行挿入の試みを意味します。
  • DUPLICATE UPDATE ROWSは、更新が結果的に重複行になることを意味します。
  • MISSING DELETE ROWSは、見つからない行の削除の試みを意味します。
  • MISSING UPDATE ROWSは、見つからない行の更新の試みを意味します。