17.10 - Streamオペレータの機能 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

Stream オペレータは、Consumerオペレータであり、Teradata TPumpユーティリティをエミュレートして、ターゲット テーブルをロックせずに1つ以上の空または既存のデータベースのテーブルに対して、ほぼリアルタイムにInsert、Update、Delete、およびUpsertを並列して高速で実行します。

StreamオペレータのSQLトランザクションで使用される行レベルのロックによって、通常のシステム使用中にバックグラウンドでロード操作ができるようになります。

ストリーム オペレータ インスタンスは、データベース上の最大127個のテーブルを更新できます。複数の並列インスタンスを使用すると、更新のパフォーマンスを向上させることができます。ストリーム オペレータのパフォーマンス チューニングについては、Teradata PTユーティリティのコマンドを参照してください。

次の図は、Stream オペレータ インターフェースを示しています。