17.10 - 通知出口ルーチンを使用してイベントを監視する - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

通知出口ルーチン(INMODとも呼ばれる)は、Teradata PTジョブの実行時に特定の重大なイベントが発生した場合に実行する事前定義のアクションを指定します。 通知出口ルーチンは、システム パフォーマンスを最適化するためにジョブ スケジュールが自動化に大きく依存している環境で、特に便利です。

例えば、出口ルーチンを(CLIv2を使用せずに)Cで作成してNotifyMethodおよびNotifyExit属性を使用することにより、Teradata PTジョブの成否、ロードされたレコード数、失敗したジョブの戻りコードなどを検出するルーチンを作成できます。 すべての場合に、通知出口ルーチンはTeradata PTモジュールに編集されたリンクではなく、実行時に動的にロードされることに注意してください。

すべての通知出口の通知出口ルーチンのエントリ ポイントは_dynamnである必要があります。