17.10 - SQL Selectorオペレータの利点 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11
SQL Selectorオペレータには、Exportオペレータにはない、フィールド モード処理のなどの機能があります。
  • SQL Selectorオペレータには、BTEQ環境ではフィールド モードとして知られている、レポート モードがあります。 このモードで取得されたすべてのデータは文字列に変換されます。
  • SQL Selectorオペレータは、フィールド モードのデータベースからデータを取得し、VARTEXT(またはTEXT)形式で外部のターゲットに書き込むために、DataConnectorオペレータにデータを送信できる唯一のオペレータです。 Exportオペレータは、データベースのテーブルからデータを抽出して、それをVARTEXT(またはTEXT)形式で外部のターゲットに書き込むためには使用できません。
  • SQL Selectorオペレータでは、データベースからJSON、XML、またはLOBのデータを抽出できます。
  • SQL Selectorオペレータには、アクティブなロード ジョブは必要ありません。 その代わりに、単一のセッションで標準SQLプロトコルが使用されます。 同時タスクを実行するためにデータベース リソースを取得するのが困難な場合は、Exportオペレータではなく、SQL Selectorオペレータが論理的な選択肢になります