17.10 - テーブルの特性と考慮事項 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

従来のMultiLoadプロトコルを使用する場合、ターゲット テーブルには次のいずれの特性も保持できません。

  • 結合インデックス、ハッシュ インデックス、またはセカンダリ インデックス
  • プライマリ インデックスなし
  • 外部キーの参照
  • 参照整合性
  • トリガー
  • 正規化されたテーブルにはできません
  • 列パーティション テーブルにはできません
  • テンポラル テーブルにはできません
  • レプリケーション グループに含めることはできません

拡張MultiLoadプロトコルは、従来のMultiLoadプロトコルを使用してロードできないターゲット テーブルをロードするために使用できます。例外は次のとおりです。

  • 列パーティション テーブルにはできません
  • テンポラル テーブルにはできません
  • レプリケーション グループに含めることはできません
  • プライマリ インデックスとして定義された識別列を持つことはできません