17.10 - 障害AMP - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-02-11

障害AMPがUpdateオペレータに与える影響は、以下の項目によって異なります。

  • 論理的または物理的にクラスタ単位で停止しているAMPの数
  • 障害AMP発生時のUpdateタスクの操作フェーズ
  • ターゲット テーブルがフォールバックであるか非フォールバックであるか

次のテーブルで、フォールバック テーブルおよび非フォールバック テーブルでのUpdateオペレータ タスクに障害AMPが与える影響を説明します。

AMPの利用状況
条件1 条件2 結果
すべてのターゲット テーブルがフォールバックである AMPが1つのみ停止している Updateオペレータ タスクは、複数のAMPが論理的または物理的にクラスタ単位で停止しない限り、実行を継続します。

以下の場合、障害AMPは適用フェーズに関与しません。

  • Updateオペレータ タスクが適用フェーズに入る前にAMPが停止し、AmpCheck属性がNone'に設定されている
  • 適用フェーズ中に特定のI/Oエラーが発生した
複数のAMPが停止している 複数のAMPが論理的または物理的にクラスタ単位で停止している場合、Updateオペレータ タスクは実行されないか、終了します。
適用フェーズでは、DSUのデータが破壊されてしまうまで複数のAMPが停止した場合は、影響を受けた各種のテーブルを復元する必要があります。
1つ以上のターゲット テーブルが非フォールバックである 1つ以上のAMPが停止している Updateオペレータ タスクは終了し、すべてのAMPがバックアップされるまで再始動できません。
適用フェーズ中にI/Oエラーによってターゲット テーブルが破壊された場合にも、Updateオペレータは終了します。