17.10 - ユーザー定義メソッド(UDM) - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

データベースの開発者が作成したカスタム関数のうち、UDTに明示的に関連付けられているものを、ユーザー定義メソッド(UDM)といいます。 すべてのUDMはデータベース内になければなりません。

UDMを使用すると、UDTの内部表現から独立している、UDTとのインターフェースを作成できます。 UDTの内部表現を変更しないと機能を拡張できない場合も、このインターフェースを使用することで特定のUDTを強化できます。UDTを使用するすべてのデータベース アプリケーションを変更する必要はありません。