17.10 - JavaScript Object Notation - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

Teradata PTでは、データベース テーブルへのJavaScript Object Notation(JSON)データのロードと、テーブルからのJSONデータの抽出をサポートします。

Teradata PTとデータベースとの間のワイヤー プロトコルでは、JSONをCLOBとして処理します。

Teradata PTスキーマでJSON列がどのように定義されているかに応じて、Teradata PTは、次の2つの方法のいずれかを使用して、データベースにJSONデータを読み込むか、データベースからJSONデータを抽出します。
  • インライン
  • 遅延

Teradata PTスキーマ内のJSON列には、バイト単位の長さがなければなりません。

JSONデータをデータベース テーブルから抽出できるのは、TPT SQL Selectorオペレータだけです。

JSONデータをデータベース テーブルにロードできるのは、TPT SQL Inserterオペレータ、Updateオペレータ、およびStreamオペレータだけです。

JSONデータをファイルから読み取ったり、JOSデータをファイルに書き込んだりできるのは、TPT DataConnectorオペレータだけです。

CLOBの詳細については、ラージ オブジェクトを参照してください。