17.10 - 構文 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語
Last Update
2022-02-11


構文規則:

特に指定されていない限り、オプションのすべての値では、大文字と小文字が区別されません。
構文要素 説明
-u UserName Teradataログオン アカウントのユーザー名。
-p Password Teradataログオン アカウントのパスワード。

省略すると、z/OS以外のプラットフォームでは、twbertblツールによってパスワードが求められます。

省略すると、z/OSプラットフォームでは、twbertblツールによってエラーで終了します。

パスワードでは大文字と小文字が区別されます。

-t ErrorTableName エラー テーブルの名前。

エラー テーブル名は完全に修飾することができます。

-n NumberOfLoadedColumns 元のロード ジョブでデータベースに送信される列数。

DELIMITEDおよびTEXTレコード形式では、-nオプションが必要です。

BINARY、FORMATTED、およびUNFORMATTEDレコード形式の場合、-nオプションは必要ありません。

-h TdpId データベースのTdpId。
-a AccountId ログオン アカウントのアカウントID。
-b DatabaseName エラー テーブルのデータベース名。

データベース名が指定されている場合、twbertblツールはエラー テーブル名の先頭にデータベース名を付加します。

-c ClientSessionCharSet クライアントのセッション文字セット。

z/OS以外のプラットフォームの場合、デフォルトは'ASCII'です。

z/OSプラットフォームの場合、デフォルトは'EBCDIC'です。

-o OutputFileName エラー テーブル情報を格納している出力ファイルの名前。

デフォルトは<ErrorTableName>.txtです。

出力ファイル名では、大文字と小文字が区別されます。

-m MaxNumberOfRowsToProcess 出力ファイルに書き込む行の最大数。

デフォルトは無制限です。

-d DelimiterCharacter 出力ファイルでフィールドを区切るために使用する1バイトまたはマルチバイトの文字区切り記号。

デフォルトはパイプ記号'|'です。

区切り記号文字では、大文字と小文字が区別されます。

レコード形式がDELIMITEDの場合は、-dオプションを適用できます。

レコード形式がBINARY、FORMATTED、TEXT、またはUNFORMATTEDの場合は、-dオプションを適用できません。

-q QuotedFields 出力ファイルでフィールドを引用符で囲むオプション。

値は'Y'または'N'です。

デフォルトは'N'です。

値が'Y'の場合は、すべてのフィールドが引用符で囲まれます。

レコード形式がDELIMITEDの場合は、-qオプションを適用できます。

レコード形式がBINARY、FORMATTED、TEXT、またはUNFORMATTEDの場合は、-qオプションを適用できません。

-e EndiannessOfLoadJob エラー テーブルでのエラー データのエンディアン。

値は'BE'または'LE'です。

'BE'は、ビッグ エンディアンを意味します

'LE'は、リトル エンディアンを意味します。

省略すると、twbertblツールは、エラー テーブルにおけるエラー データのエンディアンを決定しようとします。

-r RecordFormat エラー テーブルでのエラー データのレコード形式。

値は、'DELIMITED'、'BINARY'、'FORMATTED'、'TEXT'、または'UNFORMATTED'です。

デフォルトは'DELIMITED'です。

-x TraceFile twbertblツールのトレース ファイルの名前。

デフォルトの場合、トレースはオフです。

--LogonMech LogonMechanismName どのログオン メカニズムを使用するかを指定します。この値が8バイトを超えると、ジョブが終了します。

LogonMechの指定要件については、<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド, B035-2445>の「ログオン セキュリティ」を参照してください。

--LogonMechData "Logon Mechanism Data" 外部認証用の追加ログオン データを指定します。

ログオン メカニズムのデータでは、大文字と小文字は区別されません。

一部の外部認証方式では、このオプションを指定する必要があります。LogonMechDataの指定要件については、<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド, B035-2445>の「ログオン セキュリティ」を参照してください。

--ConnectString "connectionString" 接続文字列を指定します。この接続文字列はCLIに渡され、CLIが接続文字列を検証します。

接続文字列の詳細については、<Teradata® Call-Level Interface Version 2リファレンス - ワークステーション接続システム, B035-2418>を参照してください。

TPTの接続文字列機能は、z/OS以外のすべてのプラットフォームで利用できます。
--DataEncryption On | Off SQLリクエスト、応答、およびデータの完全な暗号化を有効にします。
有効な値は次のとおりです。
  • On = すべてのSQLリクエスト、応答、およびデータが暗号化されます。
  • Off = 暗号化されません(デフォルト)。
このオプションには、ログオンの暗号化は含まれません。