16.20 - INTERSECTのルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

INTERSECTの使用の際に、以下のルールが適用されます。

  • 単純な問合わせでINTERSECTを使用する以外に、以下の操作においてINTERSECTを使用できます。
    • 派生テーブル

      HASH BY句またはLOCAL ORDER BY句は、集合演算子による派生テーブルでは使用できません。

    • SUBQUERY
    • INSERT … SELECT文
    • ビュー定義
  • INTERSECTによって結合される各問合わせが実行されて、行の集合から成る1つの結果が作成されます。INTERSECT演算では、各SELECT文の各テーブルに同数の列が含まれなければなりません(正式には、同じ程度でなければなりません)。また、それらの列のデータ型に互換性がなければなりません。
  • 以下のものの中ではINTERSECTを使用できません。
    • SELECT AND CONSUME文
    • WITH RECURSIVE句
    • CREATE RECURSIVE VIEW文