16.20 - ロード分離テーブルへの挿入 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ロード分離テーブルの各行のRowLoadID値は、LoadID値を記録します。新しく挿入された行で使用されるLoadIDusedは、DBC.TVM.CurrentLoadIdで記録されているテーブルに対し最後にコミットされたLoadID値から派生します。詳細については、<Teradata Vantage™ SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142>を参照してください。

TD_ROWLOADID式

TD_ROWLOADID式は、RowLoadIDを読み取ります。式のデータ型はBIGINTで、デフォルト形式は'-(19)9'です。

TD_RowLoadID式は、JI定義、パーティション式、またはCHECK制約で許可されません。

次のようにTD_RowLoadID式を指定します:

    database_name.table_name.TD_ROWLOADID
database_name
格納先データベースの名前(デフォルト データベース以外の場合)。
table_name
ロード分離テーブルの名前。