16.20 - 例: ユーザーが必要な権限を持たない場合の行レベル セキュリティ制約とSELECT文 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例は、必要なOVERRIDE権限を持たないユーザーが行レベル セキュリティのSELECT制約があるテーブル上でSELECT文を実行する場合のSELECT制約の適用方法を示します。

     SELECT * FROM rls_tbl;

SELECT文処理には、RS.rls_tblからSYSLIB.SELECTCATEGORIES ( '90000000'XB, RS.rls_tbl.categories ) AND SYSLIB.SELECTLEVEL (2, RS.rls_tbl.levels)という条件で取得するステップがあります。

この例で使用するテーブル定義は、以下のとおりです。

     CREATE TABLE rls_tbl(
       col1 INT,
       col2 INT,
       classification_levels   CONSTRAINT,
       classification_categories CONSTRAINT);

ユーザーのセッション制約値は、次のとおりです。

     Constraint1Name LEVELS
     Constraint1Value 2
     Constraint3Name CATEGORIES
     Constraint3Value '90000000'xb