16.20 - セッション モードおよびトランザクション タイプに対する適切な位置決定 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

高速パス削除処理では、トランザクションが終了するまで削除を据え置くため、およびロールバックおよび削除の処理を即座に実行可能にするため、DELETEまたはDELETE … ALL文はアクティブ セッション モードおよびトランザクション タイプに基づいて適切に配置するようにしてください。

セッション モード トランザクション タイプ 位置決定要件
ANSI ANSI DELETE ... ALLまたは無条件DELETEは、COMMITを含む同じ複文リクエスト内にある必要があります。

以下に例を示します。

DELETE FROM table_name ALL
;COMMIT;
Teradata 暗黙的

(複文リクエストのマクロまたはBTEQリクエストなど)

DELETE ... ALLまたは無条件DELETEは、そのリクエスト内のターゲット テーブルを参照する最後の文でなければなりません。
明示権限 DELETE ... ALLまたは無条件DELETEは、現在処理されているトランザクションを終了させるEND TRANSACTIONを含む同じ複文リクエスト内にある必要があります。

以下に例を示します。

BEGIN TRANSACTION;
DELETE FROM table_name ALL
;END TRANSACTION;

埋め込みSQLのアプリケーションでは、これは無効です。DELETE文とEND TRANSACTION文は同じリクエストにある必要がありますが、埋め込みSQLは複文リクエストをサポートしないためです。