16.20 - MERGE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

ターゲット行とソース行とが指定のマッチング条件を満たすかどうかに基づいて、ソース行セットをプライマリ インデックスのあるターゲット テーブルに併合します。ターゲット テーブルは列パーティション化できません。

ソース行とターゲット行 併合操作
マッチング条件を満たす WHEN MATCHED THEN UPDATE句に基づいて更新する
WHEN MATCHED THEN DELETE句に基づいて削除する
マッチング条件を満たさない WHEN NOT MATCHED THEN INSERT句に基づいて挿入する

MERGEのテンポラル形式の詳細について、<Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

詳細については、以下を参照してください。
  • INSERT/INSERT … SELECT
  • UPDATE
  • UPDATE (Upsert形式)
  • <Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 構文規則および例、B035-1144>の「エラー テーブルの作成」および「エラー テーブルのヘルプ」
  • Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート、B035-1182
  • Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093
  • Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102
  • Teradata® FastLoadリファレンス、B035-2411
  • Teradata® MultiLoadリファレンス、B035-2409
  • Teradata® TPumpリファレンス、B035-3021

必要な権限

MERGEの実行に必要な権限は、実行するリクエストの併合マッチングの句に依存します。

併合マッチングの句 必要な権限
WHEN MATCHED UPDATE SETセット句リストで指定されたtarget_tableのすべての列でのUPDATE。

DELETE SETセット句リストで指定されたtarget_tableのすべての列でのDELETE。

WHEN NOT MATCHED target_table。

INSERT権限は、INSERT列リストで指定されたすべての列でも必要です。

に対するINSERT権限
両方
  • USING サブクエリーで指定されたソース テーブルでのSELECT。
  • WHEN MATCHED句およびWHEN NOT MATCHED句に必要な更新権限および挿入権限のすべて。

注:DELETEをMERGE文でINSERTまたはUPDATEと組み合わせることはできません。

MERGE ... LOGGING ERRORS操作に必要な権限は、LOGGING ERRORSオプションを指定しないMERGE操作に必要な権限と同じです。ただし、MERGE操作のターゲット データ テーブルに関連付けられているエラー テーブルに対するINSERT権限が必要です。

構文