16.20 - SELECTとキュー テーブル - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

キュー テーブルは、通常の基本テーブルによく似ていますが、非同期先入れ先出し(FIFO)キューに似ている点が異なります。

キュー テーブルの最初の列の内容は、常にキュー挿入タイムスタンプ(QITS)の値です。行のQITS値は、その行がキュー テーブルに挿入された時間を示します(ユーザー提供によって別の値が挿入されない限り)。

テーブルに対するCREATE TABLE文は、最初の列を以下のデータ型と属性で定義する必要があります。

     TIMESTAMP(6) NOT NULL DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP(6)

SELECT文を使用して、キュー テーブルに対してFIFOのpeekを実行できます。この場合、データはキュー テーブルからどの行も削除されずに返されます。

使用可能な行がない場合、行は返されません。トランザクションは遅延状態になります。

キューをFIFO順で返すには、SELECT文のORDER BY句にキュー テーブルの最初の列を指定します。

キュー テーブルに対してFIFOのpop機能を実行するには、SELECT AND CONSUME文を使用します。詳細については、SELECT AND CONSUMEを参照してください。

SELECT AND CONSUME文は、スカラーsubqueryを指定することはできません。

キュー テーブルの定義方法の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>の「CREATE TABLE(キュー テーブル形式)」を参照してください。