16.20 - 入れ子のプロシージャの呼び出し引数に関するルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
別のストアド プロシージャからCALL文を実行する場合は、以下の追加ルールが呼び出し引数に適用されます。
  • IN引数は、値式でなければなりません。

    値式の中にコロン(:)を先頭に付けた識別子があれば、その識別子は、呼び出し側のプロシージャのローカル変数、ステータス変数、INおよびINOUTパラメータ、forループ変数修飾の列および別名のいずれかを参照しなければなりません。

  • INOUT引数は、値式でなければなりません。その値式は、OUT-call-variableという形式に限定されます。識別子は、コロン文字が先頭に付いていなければならず、呼び出し側のプロシージャのローカル変数またはINOUTパラメータを参照しなければなりません。
  • OUT引数はOUT_call_variableでなければなりません。識別子は、ローカル変数またはINOUT / OUTパラメータのいずれかを参照しなければなりません。