16.20 - 例: 検索条件にシステム定義PARTITION列を使用した行パーティション テーブルからの削除 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この文では、SLPPIテーブルのordersのパーティション1からordersテーブル内のすべての注文を削除します。

     DELETE FROM orders
     WHERE orders.PARTITION=1;

ordersがマルチレベルにパーティション化されたテーブルであった場合、PARTITIONの代わりにPARTITION#L1を使用できます。ただし、この代用によりテーブルからレベル1のパーティション1内のすべての注文が削除され、ユーザーの求める結果は得られないでしょう。

PARTITION#L1にあるPARTITIONを指定する同じマルチレベル パーティション テーブルのDELETE文は、組み合わせパーティション1にある行のみを削除します。