16.20 - ECHO - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

固定した文字列を要求元に返します。

構文



構文要素

string
要求元に返されるテキストです。
command
要求元へ返すBTEQ形式のコマンドを指定します。コマンドは、セミコロンで終了させなくてはなりません。

ANSI準拠

ECHOは、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

必要な権限

なし。

埋め込みSQLでのECHOの非サポート

TeradataプリプロセッサはECHOをサポートしていません。

SQLプロシージャでのECHOの非サポート

SQLプロシージャはECHOをサポートしません。

ECHOの機能

システムがECHOリクエストを検出すると、stringの入った一まとまりのECHOをクライアント システムに返し、それはクライアント システムで解釈されます。

ECHOおよびBTEQ

ECHOはマクロでもっともよく使用され、マクロの実行の際にBTEQコマンドを実行します。

ECHOは、次のBTEQコマンドと一緒に使用することはできません。
  • =
  • EXPORT
  • IMPORT
  • LOGOFF
  • LOGON
  • QUIT
  • REPEAT
  • RUN

commandがBTEQ形式のコマンドでない場合、BTEQは違法なコマンドをエラーとしてログに記録します。

例: ECHO

次のECHO文リクエストは、BTEQを通じて報告書を作成するマクロ内で使用することができます。マクロの実行中にこのリクエストがあると、印字ページの幅が72文字に設定されます。

     ... ECHO 'SET WIDTH 72;'...