16.20 - 条件付き(低速パス) DELETE処理 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
条件付き削除(DELETE … WHERE)の処理時間は、次の場合に長くなります。
  • DELETEが高速パス削除処理の条件を満たさない場合。無条件高速パス削除処理を参照してください。
  • テーブルにFALLBACKオプションが指定されている場合。テーブルのセカンダリ コピーの行も削除しなければならないため。
  • テーブルにセカンダリ インデックスが定義されている場合。削除される行に呼応してセカンダリ インデックス サブテーブルも更新しなければならないため。

条件付き削除の処理時間は、プライマリ インデックス値、USI値、または選択性の高いNUSI値をWHERE句の条件式として指定することによって短縮することができます。