16.20 - USINGおよびDateTimeシステム関数 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

非ANSI Teradata Databaseアプリケーションでは、システム関数のDATEまたはTIMEにアクセスする場合は、その値はオペレーティング システムから直接獲得され、実行された問合わせからアクセスするためのUSING行に配置されます。この場合、DATEの値は、DATE型で格納され、TIMEの値は、REAL型で格納されます。これらの値は、USING行内の知られている固定フィールド内に格納されます。

ANSIシステム関数のCURRENT_DATE、CURRENT_TIME、そしてCURRENT_TIMESTAMPは、それぞれ動作が異なります。
  • CURRENT_DATEは、DATEに前回排他的に使用されたフィールド内に格納されます。
  • CURRENT_TIMEは、TIMEに前回使用されたフィールド内に格納されません。ストレージ形式とその構成要素が異なり、TIMEとは交換不可能なためです。別のシステム値のフィールドがUSING行に追加されます。CURRENT_TIMEが、TIME ZONEデータとさらに単純なTIMEデータを含み、この2つの値の差がストレージ形式を超えて拡張します。
  • CURRENT_TIMESTAMPは、USING行に追加的な分離フィールドとしても格納されます。

USINGリクエスト修飾子を使用すると、レガシーTeradata DatabaseにおけるDATEとTIMEの機能とANSI日時の機能を使用できます。