16.20 - UPDATE (Upsert形式) - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

指定の行で列値を更新します。その行が存在しない場合は、指定の初期列値を持つ行をテーブルに挿入します。テーブルにはプライマリ インデックスが必要で、列パーティション化できません。

テンポラル形式の詳細について、<Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

以下も参照してください。

必要な権限

この文のUPDATEとINSERTのどちらの部分にも、以下の権限ルールが適用されます。
  • リクエストのどの部分を対象とした実行であるかに関係なく、更新しようとする基本テーブル、ビュー、または列に対する更新と挿入の両方の権限がなければなりません。
次の権限のルールが、この文のUPDATE部分に適用されます。
  • 更新する基本テーブル、ビュー、または列に対するUPDATE権限が必要です。
  • ビューを通じてデータを更新するには、そのビューに対するUPDATE権限を持っていなければなりません。
  • さらに、そのビューの直接所有者(すなわち、そのビューの存在するデータベースの所有者)が、基礎となるオブジェクト(ビューまたは基本テーブル)に対してUPDATE権限を持っていなければなりません。
次の権限ルールが、この文のINSERT部分に適用されます。
  • 参照されるテーブルに対するINSERT権限が必要です。
  • ビューを介してテーブルに行を挿入するには、そのビューに対するINSERT権限を持っていなければなりません。

    さらに、そのビューの直接所有者(すなわち、そのビューの存在するデータベースの所有者)が、基礎となるオブジェクト(ビューまたは基礎となるテーブル)に対してINSERT権限を持っていなければなりません。

構文