16.20 - 例: 検索条件での行レベル セキュリティ制約の指定 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブル内のすべての行を読むための必須セキュリティ クレデンシャルを持つ、またはそのテーブル上で制約権限を上書き選択する場合、この文により、すべてのマネージャに対してemp_nameとgroup_membershipの行レベル セキュリティ制約の値名および値コードが返されます。必須のクレデンシャル、またはテーブルの上書き権限を持たないと、行は返されません。

行レベル セキュリティ制約値名をWHERE句検索条件として指定できません。値コードを指定してください。この例では、値コード90は、値名のマネージャを表わします。

     SELECT emp_name, group_membership
     FROM emp_record
     WHERE group_membership=90;