16.20 - ロックされたオブジェクトの参照 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

LOCKING修飾子でロック指定されているオブジェクトが、以後のSQLリクエストで参照されなければならないわけではありません。

ロックは、その後のSQLリクエストとは別々に実行されます。したがって、LOCKING修飾子はロックを設定する対象のオブジェクトを参照しなければなりません。SQLリクエストで参照されているオブジェクトがLOCKING修飾子の実行に影響を及ぼすことはありません。

LOCKING修飾子がビューを参照する場合、指定されたロックは、基礎となるすべての基本テーブルに適用されます。たとえば、ビューがテーブルのt1とt2を参照している場合、そのビューへのロックは両方のテーブルに適用されます。

LOCKING DATABASEは、データベースまたはユーザーのロックを設定する唯一の方法です。