16.20 - 派生テーブル - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQL文の場合、参照されるテーブルは基本テーブル、派生テーブル、キュー テーブル、またはビューのどれかです。派生テーブルとビューのセマンティックは同じです。ビューの詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 構文規則および例、B035-1144>の「CREATE VIEW」を参照してください。

派生テーブルは、他の1つまたは複数のテーブルから、subqueryの結果として取得されます。

このオプションを使うと、基礎となるテーブル セットから選択されたデータから成るスプールをFROM句に指定することができます。派生テーブルは、ビュー テーブルに似ています。

スカラーUDFは、派生テーブルの任意のポイントから呼び出すことができます。

構文



構文要素

with modifier
WITH修飾子を参照してください。
(subquery)
入れ子のSELECT式を指定します。
サブクエリーでNORMALIZEを指定できます。
subqueryにSELECT AND CONSUME文を指定することはできません。subqueryにEXPAND ON句を指定することはできません。
AS
派生テーブルの名前の前に指定できる導入句(任意指定)。
derived_table_name
派生テーブルの名前。
column_name
サブクエリーにリストされる列名または式のリスト。名前によるsubqueryの列参照が可能になります。
列名のみ指定できます。 table_name.column_nameまたはdatabase_name.table_name.column_nameのような形式は使用できません。
これを指定する場合、このリストに含まれる名前の数は、function_nameテーブル関数を組み込むために使用されたCREATE FUNCTION文のRETURNS TABLE句に含まれていた列数に一致していなければなりません。代替名リスト中の名前は、RETURNS TABLE句の列名のうち同じ位置にある列名に対応します。
これを省略した場合、列名はfunction_nameテーブル関数を組み込む際に使用されたCREATE FUNCTION文のRETURNS TABLE句の中の列名と同じ名前になります。

ANSI準拠

派生テーブルはANSI SQL:2011に準拠しています。