16.20 - 例: ユーザーに必要な権限がない場合の行レベル セキュリティDELETEおよびSELECTの制約(DELETE) - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例は、必要なOVERRIDE権限を持たないユーザーが行レベル セキュリティのDELETEおよびSELECT制約があるテーブル上でDELETE文を実行する場合のDELETEおよびSELECT制約の適用方法を示します。

EXPLAINリクエスト修飾子は、リクエストの実行に係わる手順および制約の適用結果を示すために使用されます。

この例でテーブルの作成に使用される文は、以下のとおりです。

     CREATE TABLE rls_tbl(
       col1 INT,
       col2 INT, 
       classification_levels   CONSTRAINT,
       classification_categories CONSTRAINT);

ユーザーのセッション制約値は、次のとおりです。

     Constraint1Name LEVELS
     Constraint1Value 2
     Constraint3Name CATEGORIES
     Constraint3Value '90000000'xb