16.20 - バルクSQLエラー ロギング - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Databaseは、MERGE文およびINSERT ... SELECT文のバルクSQLエラー処理をサポートしています。 これにより、Teradata Databaseロード ユーティリティにターゲット テーブルの制限が適用されることなく、バルクSQLの挿入および更新を行なうことができます。

ロード ユーティリティは、固有インデックス、結合またはハッシュ インデックス、参照制約、トリガー、およびLOBのあるターゲット テーブルには利用できません。

USIおよび参照整合性(RI)に違反すると、これらすべての違反とその他のサポートされるエラー状況がすべて記録された後にリクエストがアボートされてロールバックされます。

エラー テーブルの作成と削除に関する詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>を参照してください。