16.20 - EXPLAINを使用した、ビューがアクセスするデータベース オブジェクトの特定 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

リクエストのEXPLAINでは、必ずしもそのリクエストがアクセスするすべての基礎データベース オブジェクトの名前が報告されるわけではありませんが、アクセスするすべての基本テーブルの名前は報告されます。

特定のビュー(入れ子のビューを含む)がアクセスするオブジェクトを特定するには、SHOW文を使用します。<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 構文規則および例、B035-1144>の「SHOW」を参照してください。

例えば、次のリクエストは、view_nameがアクセスするすべての基礎となるテーブルとビューの作成テキストおよび格納しているデータベースを報告します。

     SHOW QUALIFIED SELECT *
     FROM view_name;

一方、次のリクエストは、view_nameがアクセスする基礎となるテーブルだけを報告し、アクセスされる入れ子のビューは報告されません。

     EXPLAIN SELECT *
     FROM view_name;