16.20 - ロックと並行性 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

DELETE文によって、操作対象のテーブル、パーティションまたは行にWRITEロックが設定されます。ロード分離テーブルでの非同時ロード分離削除操作の場合、削除操作によりEXCLUSIVEロックが設定されます。

SELECTサブクエリーの場合、ロックは、セッションの分離レベル、AccessLockForUncomRead DBS制御フィールドの設定、および、SELECT文やDELETE文の中にサブクエリーが埋め込まれているかどうかによって異なります。

トランザクションの分離レベル DBS制御AccessLockForUncomReadフィールド設定 外部SELECTと通常のSELECTサブクエリー操作におけるデフォルト値のロック重大度 UPDATEリクエスト内に埋め込まれているSELECT操作のデフォルトのロック重大度
SERIALIZABLE FALSE READ READ
TRUE READ
READ UNCOMMITTED FALSE READ
TRUE ACCESS
詳細は、以下を参照してください。
  • <Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>の「SET SESSION CHARACTERISTICS AS TRANSACTION ISOLATION LEVEL」
  • Teradata Vantage™ SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142
  • Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102