16.20 - INSERT/INSERT … SELECT - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

挿入する行データを直接指定する(値指定の形式)か、または別のテーブルから新しい行データを検索する(選択形式またはINSERT … SELECT形式)ことで、新しい行をテーブルに追加します。

以下の構文では、valued形式およびselected形式の文が説明されています。subqueryは、selected形式のSELECT部分を表わします。

テンポラル テーブルと互換性がある構文については、<Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>および<Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

詳細については、以下を参照してください。
  • スカラー サブクエリー
  • MERGE
  • Teradata Vantage™ SQL日付と時刻の関数および式、B035-1211
  • <Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 構文規則および例、B035-1144>の「CREATE ERROR TABLE」
  • Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186
  • Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート、B035-1182
  • Teradata Vantage™ JSONデータ型、B035-1150
  • Teradata Vantage™地理空間データ型、B035-1181
  • Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093
  • Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102
  • Teradata® FastLoadリファレンス、B035-2411
  • Teradata® MultiLoadリファレンス、B035-2409
  • Teradata® TPumpリファレンス、B035-3021

必要な権限

次の権限のルールが、INSERT文に適用されます。
  • 参照されるテーブルまたは列セットに対するINSERT権限が必要です。
  • ビューを介してテーブルに行を挿入するには、そのビューに対するINSERT権限を持っていなければなりません。さらに、そのビューの直接所有者が、基礎となるビュー、基本テーブル、または列セットに対してINSERT権限を持っていなければなりません。そのビューの直接所有者は、そのビューの存在するデータベースです。
  • サブクエリー指定を使用してテーブルに行を挿入する場合には、サブクエリーで参照されるテーブルまたはビューに対するSELECT権限を持っていなければなりません。
  • オブジェクトに対するREADアクセス権の必要なWHERE句を伴ったINSERTを実行する場合、アクセスされるそのオブジェクトに対するSELECT権限を持っていなければなりません。

INSERT ... SELECT ... LOGGING ERRORS操作に必要な権限は、LOGGING ERRORSオプションを指定しないINSERT ... SELECT操作に必要な権限と同じです。ただし、INSERT ... SELECT操作のターゲット データ テーブルに関連付けられているエラー テーブルに対するINSERT権限が必要です。

構文