16.20 - 列パーティション テーブルを更新するためのルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
古い行の削除、新しい行の挿入として処理中ではなく、更新中の列が非テンポラル列パーティション テーブルのROW形式列パーティションにある場合、更新はその場で行なわれることがあります。これには、行が更新中のために暗黙的に更新される行レベル セキュリティ制約が含まれます。その場合更新は可能ですが、以下の制限があります。
  • プライマリAMPインデックスまたはプライマリ インデックスの列は更新できません。
  • ターゲット テーブルで定義された固有セカンダリ インデックスの列は更新できません。ターゲット テーブルで(明示的または暗黙的に)定義された固有結合インデックス(UJI)の列が更新されることがあります。
  • ターゲット テーブルで定義された更新済みの非固有セカンダリ インデックスのすべての列が同じターゲット列パーティションに属している必要があります。
  • パーティション列は更新できません。
  • 更新済みの外部キーまたは親キーのすべての列が同じターゲット列パーティションに属している必要があります。
  • チェック制約で参照されるすべての列(チェック制約ではこれらのうち少なくとも1つの列が更新される)がすべて同じターゲット列パーティションに属している必要があります。
  • ターゲット列に割り当てる値の式で使用されるターゲット テーブルからのソース列値が、ターゲット列と同じターゲット列パーティションからのものである必要があります。
  • 更新可能カーソルを含めることはできません。