16.20 - NORMALIZE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

最初のPERIOD列内の一致または重複する期間値は組み合わせされて、個別の期間値を包含する期間を形成します。

構文要素

NORMALIZE
選択の結果が選択リストの最初のPERIOD列に基づいて正規化されます。一致またはオーバーラップする期間値はCOALESCEされます。つまり、組み合わせされて、個別の期間値を包含する期間を形成します。
最初のPERIOD列の後に指定されたPERIOD列は、通常の列値として扱われます。正規化は、SELECT文の結果に対して実行される最後の操作です。正規化テーブルまたは非正規化テーブルに対してSELECT文をNORMALIZE句と一緒に使用できます。
SELECT文で派生PERIOD列を正規化することはできません。
ON MEETS OR OVERLAPS
一致またはオーバーラップする期間値はCOALESCEされます。つまり、組み合わせされて、個別の期間値を包含する期間を形成します。
ON OVERLAPS
オーバーラップする期間値はCOALESCEされます。つまり、組み合わせされて、個別の期間値を包含する期間を形成します。
ON OVERLAPS OR MEETS
オーバーラップまたは一致する期間値はCOALESCEされます。つまり、組み合わせされて、個別の期間値を包含する期間を形成します。
table_name
すべてのSTRUCTURED型UDT列のすべての属性が返されるテーブルの名前。
column_name
指定された問合わせ定義中の列の名前。
SELECT文の選択リスト内では、算術式の一部でなければ行レベルのテーブル制約列を指定できます。列に返される値は、行からの行レベル セキュリティ制約のためのコード化された値です。
UDTタイプの列は有効ですが、いくつかの例外があります。SQLリクエストでのUDTの指定を参照してください。
NORMALIZEでLOB列を指定することはできません。

ANSI準拠

NORMALIZEは、ANSI SQL:2011 SQL規格に対するTeradata拡張機能です。