17.10 - マップ再割り当ての急停止 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
マップ再割り当てジョブをすぐに停止するには、プロシージャStopMovesTablesSP を呼び出し、StopQueuedActions パラメータにYを指定します。 例えば、
CALL TDMaps.StopMoveTablesSP('Y',
		 :NumActionsStopped, :NumQueuedActionsStopped);
ActionHistoryTblは、停止されている、すでにキューに入っているアクションを記録します。
マップ再割り当てプロセス中にテーブル グループが中断された場合、関連するテーブルが別のマップに割り当てられたり、別のAMPに長期間存在して、リクエスト処理が低速になったりすることがあります。このため、Teradataは、マップの再割り当てを正常に停止して、関連するテーブルのグループをまとめておけるようにすることを推奨します。

ABORT SESSION LOGOFFを発行して、マップ再割り当てジョブを停止しないでください。これにより、マネージャ セッションがハングします。StopMoveTablesSPを呼び出すと、マネージャ セッションが解放されます。StopMoverSPを実行した後は、ワーカー セッションを手動でアボートする必要があります。

構文を含むStopMoveTablesSPの詳細については、<Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数、B035-1210>を参照してください。