17.10 - トラブルシューティング: 操作DBA - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Vital Infrastructure (TVI) (旧型システムの場合はCustomer Care Link (CCL))は、システムで問題が発生するとユーザーとTeradataにアラートを送信します。ただし、システムには、ユーザーがモニターしなければならない領域もあります。Teradata Viewpointを使用して、またはカスタム スクリプトを記述してブロッキングのモニター、アイドリング セッションの特定、およびリソース利用の決定を行なうことができます。

このセクションでは、問題解決のための各種ツールと、その使用方法について参照情報を取り上げます。これらのツールの中には、問題の検出と分析で便利なものがあります。システムのスローダウンまたはハングへの対処方法については、問合わせのブロックと遅延の調査を参照してください。

通常、管理者ユーティリティへのアクセスは、データベースで明確に付与された権利で限定されます。これらユーティリティのユーザーは、データベース ユーザー名を使ってログオンする必要があります。(ディレクトリやKerberosユーザー名など)外部で認証されたユーザーは、管理者ユーティリティにアクセスできない場合があります。外部で認証されたユーザーの権限に関する詳細は、<Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engineセキュリティ管理ガイド、B035-1100>を参照してください。