17.10 - DBC.Crashdumpsデータベースにより多くの領域を割り当てる - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

DBC.Crashdumpsに割り当てられている固定領域を増やすには、PERM領域の量がDBC.Crashdumpsで増やす量と等しい、次のようなMODIFY USER文を送信します。

modify user crashdumps as PERM = 245000000;
*** Database/User has been modified.
*** Total elapsed time was 1 second.

次に、以下の文を送信して、新しいサイズを確認し、領域が適切に割り当てられたことを検証します。

sel databasename, sum(maxperm) from dbc.allspaceV where databasename = 'crashdumps' group by 1;
*** Query completed. One row found. 2 columns returned.
*** Total elapsed time was 1 second.
DatabaseName                           Sum(MaxPerm)
------------------------------  -------------------
Crashdumps                              245,000,000
DBCにクラッシュダンプを増やすために十分な領域がない場合、領域を解放するか、ディスクをさらに追加する必要があります。クラッシュダンプはデフォルトで圧縮形式で保存されます。

-compressオプションと-nocompressオプションをcspコマンド ラインで使用して、デフォルト設定を上書きすることもできます。領域を節約するには、-compressオプションを使用します。