17.10 - DBQLキャッシュ サイズの変更 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
次の手順を使用して、データ ディクショナリ テーブルに書き込まれる前にDBQLキャッシュで保持されるデータ量を変更します。キャッシュ サイズにより、DBQLで64 KBまたは1 MBのデータ ブロックがディスク書き込みに使用されるかどうかも決定されます。キャッシュ サイズを大きくすると、オーバーヘッドとリソースの競合が軽減され、パフォーマンスが向上します。ほとんどの場合は2 MBが最適ですが、詳細な問合わせロギングが有効になっていて、問合わせでリソースの競合が発生する場合は、キャッシュ サイズを増やすことを検討してください。
  1. 必要なシステムの再起動中にコンテンツが失われないように、すべてのDBQLキャッシュをフラッシュします。
    FLUSH QUERY LOGGING WITH ALL;
  2. パフォーマンス グループにあるDBS制御フィールドDBQLDefCacheSizeの現在の値を決定します。
    DISPLAY PERFORMANCE
  3. DBQLDefCacheSizeの値を変更します。
    MODIFY PERFORMANCE 35 = value
    有効な値は0~16 MBで、0はキャッシュ サイズを64 KBに、データ ブロック サイズを64 KBに設定します。データ ブロック サイズを1 MBに設定し、ほぼすべてのDBQLテーブルのキャッシュ サイズを大きくするには、0より大きいサイズを選択します。

    DBQLParamTblキャッシュ サイズは、 DBS制御フィールド30、DBQLLOBCacheSizeによって個別に制御されます。PARAMINFOオプションを使用して問合わせロギングを開始すると、DBQLParamTblにデータが入力されます。

  4. 再起動。