17.10 - 例 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

2つのアカウント文字列をユーザーTAWに割り当てます。最初の登録項がデフォルトになります。

MODIFY USER TAW AS ACCOUNT=('$M00ACTB&D&H','$H00FINR&D&H');

TAWはアカウントを指定せずにログオンした場合、デフォルトで最初のアカウントを使用します。このため、問合わせ実行時に、Vantageは&Dを現在の日付に、&Hを現在の時間に置き換えます。

もう1つのケースでは、2つのアカウント文字列をユーザーDTGに割り当てます。しかし、最初の(デフォルトの)アカウント文字列では、日時の拡張は指定されていません。

MODIFY USER DTG AS ACCOUNT = ('$M00accO', '$L00accB&D&H');

アカウントを指定せずにDTGがログインすると、ASEロギングは行なわれません。開始するため、DTGは、ログイン時かセッション時のいずれかに、アカウント文字列に&D&Hを入力する必要があります。

  • .logon DTG, mypassword, '$M00accO&D&H'を使用してログインする
  • セッション時にアカウントを次の文で変更する。SET SESSION ACCOUNT='$M00accO&D&H'

ASE変数を使用せずに最初のアカウントをDTGに割り当てると、ASEロギングはデフォルトで行なわれないため、最初にアカウント文字列で&D&Hを使用せずにアカウントをリストすることは推奨しません。

別のケースでは、ユーザーAM1の2つのアカウント文字列でASE変数を省略することを想定します。

MODIFY USER AM1 AS ACCOUNT=('$M00accR', '$H00accT');

AM1はどの時点でも、ASE機能を起動できません。&D&H変数を使用せずに最初のアカウント文字列を割り当てることは推奨しません。