17.10 - DBQLテーブルの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™- データベースの管理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
DBQLテーブルを使用すると、次のデータを収集および評価できます。
  • システム スループット
  • 応答時間
  • 手順情報、リクエスト ソース、SQL、応答サイズ、拒否された問合わせ、リソース使用量、挿入された行数、更新された行数、削除された行数などの問合わせの詳細
  • 問合わせがアクセスするオブジェクト
このような情報を元に、次のことが可能になります。
  • 応答時間のサービス レベル目標(SLG)に届かないワークロードを特定する。
  • 問題のあるワークロードを特定した後に、次のツールを使用してDBQLにドリル ダウンする。
次のリソースを使用..。 詳細を特定する対象:
AMPUsage リソースを多く消費しているユーザー
Spool Log スプール量の多いユーザー