16.20 - MODIFY USER文でセキュリティ制約を変更または削除する - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

MODIFY USER文を使用して、既存ユーザーのCONSTRAINTオブジェクトを変更または削除できます。

次の例では、CREATE USER文でのセキュリティ制約の割り当てで行なわれた割り当てを変更します。

MODIFY USER
   Joe_Smith AS
   CONSTRAINT = Classification_Level (TopSecret, Unclassified DEFAULT),
   CONSTRAINT = Classification_Country (NULL)
   CONSTRAINT = Classification_Job (Analyst) ;

説明:

構文要素 説明
Classification_Level(TopSecret, Unclassified DEFAULT) DEFAULT非機密レベルを維持しながら、SecretをTopSecretに置き換えて、ユーザー分類レベルを引き上げます。
Classification_Country(NULL) ユーザーからClassification_Country制約の割り当てを削除します。
Classification_Job (Analyst) 新しい階層カテゴリClassification_Jobを追加し、分析者分類レベルを割り当てます。
新規または変更されたセキュリティ制約の割り当ては、次回のユーザーログオン時に有効になります。