16.20 - 概要 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/rmm1512082852218.ditaval

ディレクトリ内のTeradata Databaseユーザーを管理する場合、ユーザーのプロビジョニングをする必要があります。つまり、データベース内にユーザー権限を定義するディレクトリ オブジェクトを作成し構成しなければなりません。

ネイティブのディレクトリ スキーマだけを使用してユーザーのプロビジョニングを行なうことができます。あるいは、追加の機能を提供するTeradataスキーマ拡張機能を追加することができます。

Teradataスキーマ拡張を使用しない限り、IPアドレスによるユーザー アクセスの制限はできません。 IPアドレスによるログオンの制限を参照してください。

ネイティブのディレクトリ スキーマを使用したディレクトリ プロビジョニングについては、ネイティブ ディレクトリ スキーマを使用したディレクトリ ユーザーのプロビジョニングを参照します。